文学部は就職に不利か

文学部の就職は不利なのか

私は一般的に「就職に不利」と言われている文学部を卒業しております。

そこで今回、文学部の就職について、前にも記事にしたことありますが、 新サイトということで、こちらにも書いておきます。

東大文学部の場合

東大文学部の公式サイトにも載っているはずですが、 東大文学部の進路はなかなか良いです。

私の周囲だと、東京キー局、出版社、法科大学院(その後全員司法試験合格)、 総合商社、証券会社、大手ゼネコン、公務員、特殊法人や公益法人… こんな感じでしょうか。皆さん給与的に良い所へ進まれています。

かくいう私も、実質6浪したにも関わらず、年間休日125日、 代休および残業代支給100%、借上社宅3000円/月、 有給消化も自由という、給与以外は何とも恵まれた東証一部の製造業に就職できたのでした。

文学部といえども、やっぱり東大(学部卒)の肩書は凄いや、と今では思うわけですが、

当時の私のように「給与が少ない!全てが憎い!俺は人生の被害者!」なんて常に考え、 不幸な自分に酔っていると(ついでに酒にも酔っていると) 簡単に底辺へと落下してしまい、そこから這い上がるのは結構しんどいです。 (ニートから1年で東大合格する以上にしんどかったかもだ)

あと、現在の年収が878万円で、当時の年収が210万円くらいでしたが、 年収によって何かが劇的に変わったということはありません。

貧乏だった頃は「貯金が1000万円になったらロレックス買うぞ!」 なんて思ったりしていましたが、

既に貯金1000万円などゆうに超えている現在も、 相変わらず麦飯(米:麦=5:5)を食べているし、車も貧乏ブラック時代のままだし、 娯楽といえば休日のドライブや旅行やネットで下らない動画を見るくらいだし、 別にロレックスなんてなくていいやという心境です。

こんな余裕があるのもお金があるからかもしれないし、 こんな余裕を持てるようになったからこそ、お金が入ってくるのかもしれません。

他の文学部の場合

というわけで自分語りが入りましたが、東大以外の文学部はどうなんだと聞かれると、 「大学名次第ではないか」「個人次第ではないか」というのが正直な回答です。

採用する側に回ってみて分かるのですが、一部の企業や技術職でない限りは、 学部よりも大学名が優先されるし、面接時の本人の受け答えが優先されてしまいます。

なので文学部だろうが法学部だろうが経済だろうが、あんまり関係ありません。

よって、文学部に進学希望or在籍中で、サラリーマンに(渋々)なりたいと考えている人には、

1.なるべく良い大学に行きましょう。旧帝、慶応、早稲田あたりなら充分でしょう。

2.Fラン大学ほど就職実績を上げようと躍起になっているので、Fラン大学在籍の文学部生におかれましては 2年後半あたりから就職課に入り浸り、就職課の職員と仲良くなっておきましょう。 そして大学は就職予備校と割り切って、就職課で面接テクニック等を学んでください。

3.営業以外の部署に就職希望の方は、例えば経理なら簿記2級、 法務なら行政書士くらい取っておきましょう。

司法試験に受かる文学部生もいるくらいだから、 1の大学に行っている人ならその位は余裕でしょう。 そういうのを取る気がない人、取る頭がない人は、 営業以外に行きたいと就職課に泣きつきましょう。(ここで2が活きてくる)

といったような、適当なアドバイスをしておきます。

何だかんだいっても、上手く立ち回ればサラリーマンほど気楽な商売はない、 高度成長期のあたりから何も変わってやしないと申し上げておきます。

あと理系の人は、日本では使い捨て要員となること必須なので、 さっさと日本を脱出しましょう。

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

転職お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>