上手にサボって時給を上げよう

新・仕事の上手なサボり方 実践編

前回の記事

私のサボり方

今回は、私が現在やっているサボり方の一例を書いてまいります。

テレビの取材に対しての回答は以下の通りで、会社を楽しくするために色々やっております。

@青空文庫で古典の名作にふれる。

青空文庫のサイトは地味で目立たない。 吉川英治の三国志とか宮本武蔵とか、毎日少しずつ読むと、続きが楽しみになり会社へ行くのも楽しくなる。 ネット環境が無い人は、家でテキストファイルを落とし、それを会社で読めばよい。 サイトをまとめてくださったボランティアの皆様に感謝。

AGoogleMap+Wikipediaでヴァーチャル旅行。

マップで適当な町をさがして、Wikiでその町について詳細に調べる。 さらにストリートビューで町中探索。 ストリートビューといえば、稚内から宗谷岬までストリートビューで追っかけたら、職場内においても何か感動してしまった。 皆さんもバーチャル旅行を楽しんでみてください。

B資格試験や外国語の自作ノートを資料の中に隠して勉強。

これは3年前の記事でも書いた。 紙媒体なので会議中でも使用可。

CNewsweekやNationalGiographicなどの海外サイトで英語の勉強。

これも3年前の記事で書いた。 別窓で辞書サイトを開いて、分からない単語は調べる。

D写経

Bと同じく、これも紙媒体。 まずは般若心経をプリントアウトしたものを参考にして、書き写す。 今度はその書き写したものを参考に、書き写す。 「一切は空である」ということが実感できると、仕事で右往左往しなくなる。

今の仕事が嫌なら転職すればいいじゃない!
転職エージェントは、転職コンシェルジュの「ワークポート」

サボるためのテクニック

1.ブラウザはFirefoxかChrome

IEは会社に管理されていることある(履歴を消せないとか)ので、 できればサボり用のブラウザはFirefoxかChromeにしましょう。

2.サボる際のベストポジション

サボる際のベストポジションは、ズバリ画面下。

仕事用している感じに見せるダミーExcelを開いておき、 それに重ねる形でサボり用の窓を配置しましょう。

サボるためのベストポジション
こんな感じで画面下で作業する。

3.Window+Mキー

背後に人の気配がしたら、Window+Mキーを押せば全ての窓が閉じるので、 使いこなせるようになりましょう。

背後の気配を読む訓練も積み重ねていけば、忍者かゴルゴみたいになれるかもしれません。

4.仕事以外のことは積極的に

職場内の掃除や挨拶など、人の嫌がることを積極的におこなうと、 よもやサボっているとは思われず、よい目くらましになります。

また、サボる際も罪悪感とか無くなるので、せめて掃除くらいは積極的におこなってください。

以上、仕事のサボり方について書いてみました。 また気が乗ればさらに書いてまいります。

サボりながら転職の機会をうかがうというのも、中々楽しいものです。

サボることもできないような職場なら、転職した方がマシだと私は思います。

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

転職お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>