やる気を出すなんて時間の無駄

やる気なんていらない

今の仕事が嫌なら転職すればいいじゃない!
転職エージェントは、転職コンシェルジュの「ワークポート」

私が親サイト『勉強すれば人生変わる』を 開設した際、一番よく来た質問が「どうすればやる気が出ますか」という類のものでした。

私もそれっぽい記事を書いたりしたのですが、 3年の間に一応の結論が出たので、ここに書きます。

やる気は水物

まず自分の内面を観察していれば分かるのですが、 やる気なんてものは先物相場の如く、毎日乱高下を繰り返すものだということです。

朝起きてやる気0だったけど、正午にやる気MAXになっていた。 しかしその後、夕方4時にはどん底まで落ちた...

こんなことが日常茶飯事なのは、 これを読んでる読者の方々も身に覚えがあるでしょうし、 タチが悪いのは、原因がよく分からないまま乱高下するところです。

やる気曲線
こんな感じで上がり下がりがおー激しい

要するに、やる気などに頼って仕事や勉強をするというのは、 全財産を先物相場にぶち込むくらいイカレたことであり、 「やる気がない」などというのは、 本当はやりたくない仕事や勉強などから逃げるための言い訳、 隠れ蓑に過ぎないということです。

モノをいうのは才能や能力

さて、激しく乱高下する「やる気」というものに対して、 デイリーではあまり変化しないものがあり、それが「才能」や「能力」といったものです。

ここでいう才能とは生まれついてのもので、英語で言えばgift、 能力とは生まれついてではないが、伸ばせるものだと思ってください。

やる気と能力と才能の相関図
水色が才能で、オレンジが能力

「才能」は生まれついてのものなので、 自分で見出さない限りはどうしようもないですが、 「能力」ならば毎日続けていけば、少なくともド素人よりはマシになっていきます。

仕事や勉強に限らず、サッカーや野球などのスポーツなんて良い例じゃないでしょうか。

やる気のない野球部とやる気満々な同年代のド素人9人が試合したら、 やる気のない野球部が勝つに決まっています。 (ド素人の身体能力がオリンピック級だと別だけど、それは才能が能力より勝っただけのこと)

また、やる気のない私とやる気満々な公立の中学生が学力テストで勝負したら、 まず私が勝つでしょう。

なので、自分の才能を人生の早いうちに見つけるか、 自分が伸ばしたい能力を見つけましょう。

できればお金に直結するものが良いですが、お金と関係なくても、 いつどこでお金に結びつくか分からないので、 金云々よりも好きなことを選んだほうがよいと思います。

自分の才能なり伸ばしたい能力なりを見つけたら、 最早やる気などという不確かなものに人生を振り回されることはなくなります。

結論

  • やる気なんかに頼るのをやめよう。
  • 自分の才能を見つけよう。
  • 能力を伸ばしたいなら毎日続けよう。 能力を伸ばすには時間がかかるが、その分確固たるものとなり、 やる気のように短時間でブレまくることはない。
  • 毎日続かないなら本気でやりたいと思っていない証拠。 毎日続けても上手くならないのは、才能が無い証拠。

次回に続く>>

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

転職お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>